サステナビリティへの取組みInitiatives for Sustainability

  1. ホーム
  2. サステナビリティへの取組み
  3. グリーンファイナンス

グリーンファイナンス

本投資法人は、企業の社会的責任として持続可能な社会の実現を目指してサステナビリティの向上に取り組むことを重要な経営課題と位置付けており、グリーンファイナンスの活用により、サステナビリティへの取組みを一層強化すると共に、ESG投融資に積極的な投資家・金融機関への投融資機会の提供により、国内市場の発展に寄与したいと考えています。

グリーンファイナンスとは

企業や地方自治体等が、国内外のグリーンプロジェクト(環境問題の解決に貢献する事業)に要する資金を調達するために発行する債券(グリーンボンド)や借入れ(グリーンローン)をグリーンファイナンスと呼びます。グリーンファイナンスの主な特徴として、調達資金の使途がグリーンプロジェクトに限定されること、調達資金が追跡管理されること、また、調達資金の充当状況等の開示を通じて透明性が確保されることがあげられます。

グリーンファイナンスフレームワーク

本投資法人はグリーンファイナンスに関する基本方針を定めた「グリーンファイナンスフレームワーク」を以下のとおり策定し、これに則り、グリーンファイナンスを実施します。

1. 資金使途
グリーンボンド及びグリーンローンによる調達資金の使途は、以下に記載される適格クライテリア1に係る取得資金、借入金の返済資金、投資法人債の償還資金並びに適格クライテリア2に係る省エネ工事や設備等改修工事の資金に限定されます。

2. プロジェクトの評価及び選定プロセス
資金使途となりうる基準を満たすグリーンプロジェクト(以下、「適格グリーンプロジェクト」)を含むサステナビリティに関わる業務については、ケネディクス不動産投資顧問株式会社(以下、「本資産運用会社」)に設置された「サステナビリティ推進委員会」の事務局である「サステナビリティ推進室」と、本投資法人の資産の運用に係る業務を担う「オフィス・リート本部」が中心となって推進します。

サステナビリティ推進委員会は、本資産運用会社の代表取締役社長を委員長とし、オフィス・リート本部長を含む各本部長等、コンプライアンス・オフィサー、財務経理部長等を委員として構成され、社会情勢や本資産運用会社及び本投資法人を含む、本資産運用会社が資産の運用を受託する各投資法人の運用状況を踏まえながら、サステナビリティに関する方針や目標、各種取組みの検討、モニタリングなどを行っています。

適格グリーンプロジェクトの選定に際しては、本資産運用会社のオフィス・リート本部運用委員会の承認を要し、適格グリーンプロジェクトの評価や資金使途、適格クライテリアとの適合性及び適格グリーンプロジェクトへの資金充当後の調達資金の充当状況の見通し等について、サステナビリティ推進委員会へ報告されます。

3. 調達資金及び未充当資金の管理
調達資金及び未充当資金は本資産運用会社において内部管理を適切に行います。
調達資金及び未充当資金(未充当資⾦がある場合には、調達した資⾦の全額を充当するまでの間、現⾦及び現⾦同等物で管理されます。)は、グリーンファイナンス専用の入出金口座で他の資金と区別して管理され、資金移動の記録と残高の確認を定期的に行います。

4. レポーティング
資金充当状況レポーティング
グリーンファイナンスで調達した資金は、グリーン適格資産の取得又はそれに要した借入金・投資法人債のリファイナンスや、一定基準以上の効果が認められる省エネ工事等費用の支出に紐づいていることを確認の上、速やかに充当する予定です。未充当資金がある場合には、調達資金の全額が適格クライテリアに合致するプロジェクトに充当されるまでの間、又はグリーンファイナンスの償還日・返済日が到来するまでの間、その充当状況についても本ウェブサイト上にて、年次で開示する予定です。

グリーンファイナンス残高の合計額は、直前期末時点におけるグリーン適格負債額を上限とし、管理します。

インパクトレポーティング
グリーンファイナンスの償還日・返済日が到来するまでの間、以下の指標を公表する予定です。

[適格クライテリア1]
・グリーン適格資産の物件数及び認証 ・グリーン適格資産の延床面積の総計 ・グリーン適格資産(但し本投資法人がエネルギー管理権限を有する物件に限る)のエネルギー消費量、水消費量、GHG 排出量

[適格クライテリア2]
・省エネルギー、環境改善に資する工事や設備等改修工事を実施した場合には、改善効果が見込まれる対象設備等の、改修前と改修後のエネルギー消費量、水消費量又は GHG排出量等の推定削減率(%) ・再生可能エネルギーに関連する設備を導入又は取得をした場合には、当該設備により期待される年間発電量

グリーンファイナンスフレームワークの外部機関評価

グリーンファイナンスフレームワークに基づくレポーティング

資金充当状況レポーティング(グリーンファイナンスの残高及び調達資金の充当状況)

この図は左右にスクロールできます。

本投資法人のグリーンファイナンス残高は、グリーン適格負債額を超過していません。また、未充当資金はありません。
なお、グリーン適格負債額は2023年4月30日時点の数値に基づき集計しています。

インパクトレポーティング(エネルギー使用量等の指標に関するレポーティング)

この図は左右にスクロールできます。

グリーンファイナンス実施状況

調達金額 調達時期 返済・償還時期 充当状況
第10回無担保投資法人債 2,000百万円 2019年2月15日 2024年2月15日 充当済
第12回無担保投資法人債 1,000百万円 2020年10月20日 2030年10月18日 充当済
グリーンボンドの合計額(a) 3,000百万円
グリーンローン(197-A~M) 8,400百万円 2022年8月31日 ~2029年8月31日 充当済
グリーンローン(198-B) 500百万円 2022年10月31日 2026年4月30日 充当済
グリーンローン(199) 1,000百万円 2023年2月28日 2028年2月29日 充当済
グリーンローン(200-A及びB) 3,800百万円 2023年3月13日 ~2031年3月31日 充当済
グリーンローン(201) 500百万円 2023年6月30日 2026年6月30日 充当済
グリーンローン(202-B) 500百万円 2023年7月31日 2029年7月31日 充当済
グリーンローン(203-B) 1,300百万円 2023年8月31日 2026年8月31日 充当済
グリーンローンの合計額(b) 16,000百万円
グリーンファイナンスの合計額(a+b) 19,000百万円