サステナビリティへの取組みInitiatives for Sustainability

  1. ホーム
  2. サステナビリティへの取組み
  3. 基本方針・推進体制

基本方針・推進体制

本投資法人及び本資産運用会社ではESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)への取組みを重要な経営課題と位置付けており、その推進のため、資産運用会社では「サステナビリティ方針」を制定しています。
「サステナビリティ方針」のもと、投資法人及び資産運用会社では事業活動を通じた持続可能な環境への貢献を目指しています。

サステナビリティ等推進体制

サステナビリティ推進委員会

サステナビリティに関わる業務については、本資産運用会社の「サステナビリティ推進委員会」が中心となって推進しています。
サステナビリティ推進委員会は、投資法人及び本資産運用会社のサステナビリティ・ESGに関する方針や目標、活動計画や各種取組み、リスク管理等に関する事項及びその他のサステナビリティ又はESGに関する重要事項を収集、分析及び検討し、関係者と共有することを通じて、サステナビリティ・ESG関連事項への取組みの推進を図ることを目的としています。サステナビリティ推進委員会は原則3ヶ月ごとに開催され、検討された内容は、内容に応じて本資産運用会社の取締役会や、監督役員が参加する投資法人の役員会へも報告されます。
サステナビリティ推進委員会は、同推進委員会委員長である代表取締役社長(サステナビリティ推進最高責任者)、委員として、常勤取締役、戦略企画部長、各リート本部を担当する戦略企画部副部長、戦略企画部サステナビリティ推進室長、各リート本部戦略企画責任者、各リート本部資産運用部長及び財務経理部長で構成されています。
また、戦略企画部サステナビリティ推進室長は、本資産運用会社の親会社であるケネディクス株式会社の広報・サステナビリティ推進部を兼務しており、ケネディクスグループ全体として統一した方針の下、サステナビリティ・ESGに関する取組みを横断的に推進する体制が構築されています。

省エネ対策検討委員会

サステナビリティに関わる業務の中でも、特にエネルギー消費量の削減等、省エネルギーに関する方針や目標、各種取り組みの検討、モニタリング等に関する業務ついては「省エネ対策検討委員会」(以下「省エネ委員会」といいます。)が中心となって対応しています。
省エネ委員会は定期的に開催され、委員長であるオフィス・リート本部 資産運用部長、省エネ推進委員として、取締役最高業務執行者兼オフィス・リート本部長、同本部の投資責任者及び戦略企画責任者で構成されています。また、オブザーバーとして第三者の専門機関も参加しており、投資法人の省エネに関する取組みに対して助言・協力を得ています。

マテリアリティ(重要課題)の設定

資産運用会社の親会社であるケネディクス株式会社は、ケネディクスグループがステークホルダーや社会とともに持続的に成長していくために、特に取り組んでいくべきマテリアリティ(重要課題)を設定しています。マテリアリティごとの具体的な取組みを行っていくことで、事業活動と社会の両面における課題解決を目指します。また、マテリアリティへの対応を通じて、SDGs(持続可能な開発目標)への貢献も目指します。

マテリアリティ設定のプロセス

ケネディクスグループのマテリアリティ

重要テーマ及び関連するSDGs マテリアリティ
持続可能な環境への貢献 エネルギー消費量・CO2排出量の削減
水消費量・廃棄物量の削減
環境配慮のためのテナントとの協働
多様な社会への貢献 環境や社会に配慮した不動産の提供
レジリエンスの向上
少子高齢化社会への対応
ステークホルダーへの責任 顧客満足度の向上
コミュニティへの貢献
利益相反の防止
魅力ある職場の実現 人材の確保・開発・維持
従業員の健康と快適性
ダイバーシティと機会均等
規律ある組織体制の構築 コンプライアンス
リスクマネジメント
責任投資へのコミットメント

サステナビリティ方針

マテリアリティの設定を受け、ESGに関して包括的なサステナビリティ方針を制定しました。サステナビリティ方針のもと、ケネディクスグループが一体となってマテリアリティへの具体的な取組みを推進します。

環境方針

本投資法人及び本資産運用会社は、長期安定的に投資運用を行う投資法人として環境への取組みを一段と推進するため、「サステナビリティ方針」に加えて次の「環境方針」も制定し、環境に配慮した投資運用を行っています。