サステナビリティへの取組みInitiatives for Sustainability

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. サステナビリティへの取組み

サスティナビリティへの取組み

執行役員のメッセージ

ケネディクス・オフィス投資法人(以下「本投資法人」)及び本投資法人が資産の運用を委託するケネディクス不動産投資顧問株式会社(以下「資産運用会社」)は、不動産の投資運用における環境、社会、ガバナンス(ESG)配慮の重要性を認識し、企業の社会的責任として持続可能な社会の実現を目指したサステナビリティの向上を重要な経営課題の一つと位置付けており、「サステナビリティ方針」や「環境方針」を定め、環境負荷の低減やステークホルダーとの連携・協働などに努めています。
特に環境配慮への取組みの一環として、GRESB (Global Real Estate Sustainability Benchmark) リアルエステイト評価にはJ-REITの中でもいち早く参加をし、7年連続で「Green Star」の評価を取得する等、外部評価機関による環境認証・評価を複数取得することで、グリーンビルの推進に積極的に取り組んでいます。
また、本投資法人が投資対象資産として注力する中規模ビルは、大規模ビルに比べてより多様なテナント基盤を有しており、安定的で魅力ある投資機会を投資主の皆様に提供することが可能と考えています。私どもを取り巻くステークホルダーの一つである、保有物件のご利用企業様に対して、引続きCS(顧客満足度)調査の定期実施を行い、満足度重視の資産運用・物件管理に取り組みながら、投資主の皆様の中長期的な収益の向上に寄与するよう効果的な運用を進めてまいります。

ケネディクス・オフィス投資法人 執行役員ケネディクス・オフィス投資法人
執行役員 竹田 治朗