サステナビリティへの取組みInitiatives for Sustainability

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. サステナビリティへの取組み

グリーンボンド

本投資法人は、企業の社会的責任として持続可能な社会の実現を目指してサステナビリティの向上に取り組むことを重要な経営課題と位置付けており、グリーンボンドの発行により、サステナビリティへの取組みを一層強化すると共に、ESG 投資に積極的な投資家層への投資機会の提供により、国内グリーンボンド市場の発展に寄与したいと考えています。

グリーンボンドとは

企業や地方自治体等が、国内外のグリーンプロジェクト(環境問題の解決に貢献する事業)に要する資金を調達するために発行する債券をグリーンボンドと呼びます。グリーンボンドの主な特徴として、調達資金の使途がグリーンプロジェクトに限定されること、調達資金が追跡管理されること、また、それらについて発行後のレポーティングを通じて透明性が確保されることがあげられます。

グリーンボンドフレームワーク

本投資法人はグリーンボンドに関する基本方針を定めた「グリーンボンドフレームワーク」を以下のとおり策定し、これに則り、グリーンボンドを発行します。

1. 資金使途
グリーンボンドによる調達資金の使途は、以下に記載される適格クライテリア1に係る取得資金、借入金の返済資金、投資法人債の償還資金並びに適格クライテリア2に係る省エネ工事や設備等改修工事の資金に限定されます。

2. プロジェクトの評価及び選定プロセス
資金使途となりうる基準を満たすグリーンプロジェクト(以下、「適格グリーンプロジェクト」)の選定に際しては、ケネディクス不動産投資顧問株式会社(以下、「本資産運用会社」)にてサステナビリティ委員会を開催し、適格グリーンプロジェクトの評価、資金使途と適格クライテリアとの適合性を検討し、決定します。
また、適格グリーンプロジェクトへの資金充当後の調達資金の充当状況見通し等についての検証も行います。サステナビリティ委員会で検討・検証された内容は、本投資法人の役員会及び本資産運用会社の運用委員会へ報告されます。

この図は左右にスクロールできます。

3. 調達資金の管理
グリーンボンドによる調達資⾦及び未充当資⾦に関する内部管理を適切に⾏います。未充当資⾦がある場合には、調達した資⾦の全額を充当するまでの間、未充当資⾦を内部的に区別して資⾦移動を記録し、当該資金は現⾦及び現⾦同等物で管理します。

4. レポーティング
・資金充当状況レポーティング(グリーンボンドの発行残高及び調達資金の充当状況)
グリーンボンドの発行残高がグリーン適格資産の取得価格の総額及び適格クライテリア2を満たす保有物件の設備等改修工事の総支出(予定)額の合計額(グリーボンド発行可能額)を超過していないことを、調達資金の金額が適格クライテリア1及び2に合致するプロジェクトに充当されるまでの間またはグリーンボンドの償還日が到来するまでの間、年次で公表します。

この図は左右にスクロールできます。

インパクトレポーティング(エネルギー使用量等の指標に関するレポーティング)
グリーンボンドの償還日が到来するまでの間、以下の指標を公表します。
-グリーン適格資産の物件数及び認証、延床面積の総計
-グリーン適格資産(但し本投資法人がエネルギー管理権限を有する物件に限る)や環境性能の改善に資する設備等改修工事(適格クライテリア2を満たすもの)を実施した物件のエネルギー使用量等 調達資金の管理やレポーティング等については外部機関による評価を取得します。

PDF  グリーンボンドフレームワークの外部機関評価(サステイナリティクス)

グリーンボンドフレームワークに基づくレポーティング

資金充当状況レポーティング(グリーンボンドの発行残高及び調達資金の充当状況)

この図は左右にスクロールできます。

インパクトレポーティング(エネルギー使用量等の指標に関するレポーティング)

この図は左右にスクロールできます。

グリーンボンド発行状況

名称 第10回無担保投資法人債
発行額 20億円
発行日 2019年2月15日
償還期日 2024年2月15日
利率 年0.390%
資金使途 2019年2月28日 KDX小林道修町ビル取得に係る借入金の返済(15億円)
2019年3月31日 KDX虎ノ門一丁目ビル取得に係る借入金の返済(5億円)
発行時外部機関評価 PDF  株式会社日本格付研究所(JCR)JCRグリーンボンド評価「Green 1」
年次外部機関評価 PDF  株式会社日本格付研究所(JCR)JCRグリーンボンド評価「Green 1」